神田 真希

Maki Kanda 神田 真希

プロフィール

職業 …
看護師
得意な料理のジャンル …
発酵おうちごはん★簡単・healthyお弁当★ヘルシージャンク★ヘルシースイーツ
活動拠点 …
愛知、岐阜

[ 保有資格 ]

 

看護師

SNS

IBDを始めて変化したことは何ですか?

小学校1年生から高校3年生まで柔道をしてきました。

そこでは〈柔道を強くなるためには胃を強くする。胃を強くするためにはいっぱい食べる〉ことが美徳で〈噛むと満腹中枢が反応するから噛んではいけない〉と言われて食事をしてきました。

例えばカレーライスは飲み物ように食べ最低3杯は食べるというくらい〈噛まない〉〈早食い〉〈大食い〉が当たり前でした。

そんなわたしが柔道を引退すると、食べなければならない生活から食べなくていい生活になったので半年で7キロ痩せました。すると周りの反応が変わって〈女の子になったね。きれいになったね。かわいいね。細いね〉と言われ、細くいることで周りは私を認めてくれるし、女の子として対応してくれると思うようになり痩せることに執着したダイエット心に火がつきました。

そのため、外食は太るから嫌。お菓子はよくない。と思うようになりました。一方、外食やお菓子は友達や職場の付き合いだから、断ったら友達がいなくなるような気がして怖い。食べないと嫌われる。と思い仕方なく付き合っていました。

痩せようと思っても外食があるから痩せない。外食や遊びに行くことがストレス。楽しめるのは3割。常に太ることが頭に浮かんで7割は心から楽しめない。そんな自分が嫌でした。

次第に仕事のストレスやお菓子を少し食べてしまうと1日がすべてダメになってしまって、〈もうなんでもいいや。〉とお菓子はファミリーパック5袋、パン屋さんのあまーいパンを10個ほど1日に一気に食べる過食ひどい後悔、イライラ、もやもや、自分が嫌吐こうとしたり、吐けないときは下剤使用、ランニング20~30km走る、欠食過食を繰り返すようになりました。そんな自分が嫌いで、どうにか変わりたいと思った時にふと、振り返ると、お料理をしたときだけお菓子を食べないし、心も落ち着いてる。過食もしない。ことに気が付き、お料理のレパートリーを増やせば痩せるし、過食もなくなると思って本屋さんに行った時に出逢ったのがあおいさんの本でした。

本に掲載されていたレシピが本当に簡単においしくてできて初めてたべたときは感動して泣きました。

そこからインナービューティ生活が始まりました。もともと完璧主義、プライドが高い私なので習ったことができないことが嫌になるときもありました。3ヶ月コースではいっぱい食べて3キロ痩せました。

それより嬉しかったのはどんどんお料理が楽しくなることです。体重より毎日のお料理を季節を生かしたおいしいヘルシーごはんをと意識が変わりました。もっと学びたい。

そんな思いでプランナーコースへすすみました。勉強中も、家族の病気や職場の環境の変化から頭ではわかってるのに過食がとまらない。10キロ太ってしまって、もうなんのために勉強しているのかわからなくなりました。みんなが変化していくなか自分だけ後退しているような気がして自分が嫌になりました。

けどいつもあおいさんから〈たべてしまうのはまきさんがわるいんじゃないよ。ちゃんとできてるよ。もともとできてるから私は応援してる。深呼吸してよく噛んで食べてみて〉と何度も言葉を頂いて〈明日からできること一緒に考えよう〉と言って頂いて本当に少しずつですが、完璧じゃない自分でも大丈夫と自分を認められるようになりました。過食もダメではなくお菓子、パンから野菜やタンパク質に変えてみるなど楽しめるようになると少しずつ治まってきました。

17-11-11-22-32-10-685_deco

また〈噛まない〉〈早食い〉〈大食い〉の生活から〈よく噛む〉〈味わって食べる〉〈食べたいときに食べる〉食事へ変化しました。あれだけ外食がストレスだったのにメンテナンスが楽しいので外食も好きになりました。笑顔が増えたと思うし、自分が認められるようになると自分が好きになれるし、他人軸だったのですが自分が楽しく心地よく過ごすためにはどうするか?と考えられるようになりました。痩せるためのダイエットはつらいけど心、体を整える手段としてのダイエットは楽しいです。細く長くゆるく自分の心と向き合って”なりたいわたし”へ向かっていろんな経験をしてもっと磨いていきます。

IBDを始めて変化したことは何ですか?

インナービューティーダイエットの好きなところ

あおいさんの熱い熱いパワー。たくさんの言葉のプレゼントがあること。自分のからだのことを学ぶので自分と向き合うことができること。なりたい自分へなれる。何回失敗しても、チャレンジできる。前向きになれる。自己肯定感が高まる。年齢が様々な女性が集まりますがみんな、やさしい。サポート講師さんもやさしくて素敵です。サロンの落ち着いた雰囲気。落ち込んでサロンに行っても前向きになって帰れること。

IBPとしての活躍

今はサポート講師の研修をしています。今後はメイン講師や単発レッスンやダイエットサポートをしていきたいです。また東海にIBの知名度を上げていきたいです。

IBPとしての活躍

メッセージ

私自身ダイエットに固執して何百万とお金をかけてきましたが、やっぱり”やるか、やらないか”が大きいです。しかしそれ以上に継続すること、自分にあった方法を見つける事や、執着を外すことは簡単だけど難しいと思います。だからこそ、なりたいわたしを叶えるサポートをしていきたいと思います。1人の看護師として心と体の健康があるから本当に幸せだと日々感じております。どんと、厚い、熱い胸で構えております。困ったらぜひ声をかけてください。